クレジットカードと法人

クレジットカードと法人について紹介したいと感じますが、クレジットカードの法人向けのカードというのはどのようなカードだと感じますか?

一般の個人を対象にしているクレジットカードとは違っていて、法人向けのクレジットカードは、事務処理を簡単にさせたり、コストを抑えたりするという特徴があるといわれているのです。

大手のクレジットカード会社のJCBにもクレジットカードで法人を対象にしたものがあるのです。

クレジットカードで法人のものの特徴を少し紹介すると、社員が使ったお金が口座の自動振替がされますから、領収書を整理したり、社員が請求書を出したりする手間が省けますから事務処理が楽になります。

そして各支払先に振り込んでいたものが支払先はクレジットカード会社だけになりましたから、多くの支払先が一つになるのでそれだけ振込手数料などもかからなくなります。

そして今までは社員がお金を立て替えるということが日常的にあったと感じますが、接待や出張でも立て替える必要がなくなりましたから、一時的にお金を持っている必要がないので社員にとっても便利ではないかと感じます。

そしてクレジットカードの利用明細書を見ればすべての支出が明らかであるのですから、その点から考えてもこれからの予算について把握することが出来たり、余計なお金が出ていないかどうかを確認する際に大変便利だと感じます。

法人のクレジットカードの特典は、会社を経営している人にとっては大変便利なカードであるのです。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード