クレジットカードの還元率

クレジットカードの還元率について紹介していきたいと感じます。

クレジットカードの還元率というのはどういうことかというと、クレジットカードにはポイント付与率とポイント還元率というものがあるのですが、この二つの意味を知っておくことで、さらにクレジットカードをお得に選ぶことが出来るようになるのです。

ではクレジットカードのポイント還元率というのはどういうことだと感じますか?

クレジットカードのポイント還元率というのは、ポイントと交換してもらえる商品やサービスに対していくらポイントが必要なのかということであるのです。

たとえば10000円の商品券と交換するためには、5000ポイントいるという時と、10000円の商品券と交換する時には500ポイントいるといったように、比率というのはクレジットカード会社によって違っているのです。

クレジットカードを比較するときに、どちらがお得なのかということを考えなければいけないのですが、その時には、同じ条件に直してから計算すると比較しやすくなると感じます。

同じ条件にして、1000円の商品券が欲しい時には、いくら分クレジットカードで買い物をしなければいけないのか。

それがクレジットカードの還元率であるのです。

この考え方ともう一つは、十万円クレジットカードで使ったら、いくら分の商品券を手に入れることが出来るのかということで比べることもできます。

クレジットカードによってはたくさんポイントが付いていても還元率が低いこともあるのですし、ポイントはあまりつかなくても還元率が高いこともあるのですから、比較する際は同じ条件にするとわかりやすいと感じます。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード