審査

クレジットカードを新規で作る場合には、審査に通らなければいけません。


どんなクレジットカードであっても、必ず審査はあります。


審査なしというクレジットカードはないでしょう。


なぜクレジットカードを新規で作る際に審査が行われるのか、そもそもクレジットというのは、信用を意味しています。


信用の上でお金を貸してもらったり、クレジットカード会社に立て替えてもらって私たちは、ショッピングをしたり飲食などのサービスを受けることができるのです。


ですから、信用がない相手には、クレジットカードを作らせないというわけですね。


信用と言っても、クレジットカードを作りたいと思っている相手の事を知らないと、信用できるかどうかわかりません。


そこで行われるのが審査です。


クレジットカードを申し込む際には、申込書に、住所や名前の他に、勤務先や、住居形態、勤続年数などの個人情報を書くと思います。


これが審査に使われます。


クレジットカードによって審査の内容は違っていて、厳しさも違います。


あるクレジットカードはとても審査が厳しくて、年収にも条件があるという場合もあれば、あるクレジットカードは審査が甘くて、アルバイトをしている人や専業主婦でも作れる場合もあります。


クレジットカードの種類によって審査に基準は違ってきますが、共通して言えることは、返済能力があるかどうかという点です。


クレジットカードで使ったお金を、きちんと返済できるかどうかを審査で確認しているのです。

posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード