自己破産

自己破産をする人が後を絶たないと言われている日本ですが、その原因の一つにクレジットカードがあります。


クレジットカードで買い物をしすぎたり、キャッシングをしすぎたために、返済できなくなり、その結果借金がかさみ、自己破産するというケースがとても多いと言われています。


クレジットカードの使い過ぎでの自己破産の事を、カード破産とも呼んでいます。


カード破産という言葉ができるくらいに、今クレジットカードで自己破産をするという人は多いのです。


クレジットカードで自己破産するという人の多くが、計画性がなかったためだとされています。


クレジットカードを使ってショッピングやキャッシングをするという場合には、きちんと計画を立てて、返済できるのかどうか考えて使わなければいけません。


返済能力を超えてのクレジットカードの利用は、自己破産へつながります。


クレジットカードを作る際には、一応審査があり、その審査を元にしてクレジットカードは作られています。


審査に通るということは、返済能力があるということになりますが、それはそのカードに限った話で、他にも数枚カードを作ってすべて限度額いっぱいまで使っているということになれば、返済できるはずがありません。


クレジットカードで自己破産をした人は7年間クレジットカードを新規で作れないことになっていますし、情報信用機関に、名前がわかるようになっています。


自己破産して同じことを繰り返さないためにも、計画を持ってカードは使いましょう。

posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード