還元率

クレジットカードを作る際に確認したいのが還元率です。

還元率とは、ポイントシステムを導入しているクレジットカード会社は多いと思いますが、どれくらい自分の素に還元されるかということになります。

たとえば1000ポイントでキャッシュバックが1000円の場合には還元率は1000円÷1000ポイントということで1ポイントにつき1円という計算になります。

しかし1000ポイントで5000円の金券に好感してもらえるという場合には、5000円÷1000ポイントですから、5円です。

これは1ポイント5円の価値が出ついているということになりますね。

クレジットカード会社ごとに、この1ポイント当たりどれくらいの価値になるのかということは、違っていますから、1ポイントでどれくらいの価値があるのか、今計算したように算出して、一番換金率が高かったものを選ぶといいということになります。

還元率を計算してみて、1000ポイントで1000円分の図書カードとクオカードがあったとします。

この二つは全く同じ還元率であるということになりますから、こちらの場合には自分が使用する頻度が高いものや、普段自分が使う方を選ぶといいでしょう。

還元率だけでクレジットカードを選ぶのもいいのですが、ポイントに期限があるものがありますので、その際は、期限についても確認した上で選んだほうがいいかもしれません。

せっかく貯めたポイントも期限がすぐに切れてしまって0になれば意味がありません。

posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード