限度額

クレジットカードの限度額というのは、会社ごとに違っているのではなくて、利用者ごとに違っています。


クレジットカードというのは、利用者の信用を元にして作られているカードです。


クレジットカードの限度額は審査によって決められますが、収入が少ない人は、返済できる可能性が低いと判断された場合には、審査には通っても、利用限度額はそれほど高くないかもしれません。


クレジットカードの利用限度額は、ショッピング枠と、キャッシング枠とそれぞれに決められているので、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が30万円といったように決められています。


一度決められたクレジットカードの限度額は必ず、ずっと同じ金額とは限りません。


下がることもあれば上がることもあるのです。


クレジットカードの限度額が上がるケースは、きちんと返済をしていて、実績をつけて信用度が上がった場合に限度額も比例して上がるケースが多いです。


逆にクレジットカードの限度額が下がるケースというのは、クレジットカードを利用しても、返済が滞ったり、返済できなかったりした場合には、カードの更新時に限度額が下がります。


年収やその人の返済能力に合わせてクレジットカードの利用限度額というのは変化しますので、更新ごとに確認しておくといいでしょう。


実績のある人の場合には、クレジットカード会社に言うとその場で限度額の引き上げが検討されることもあると言われていますので、確認してみましょう。

posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード