解約

クレジットカードの年会費無料のものなどはいくら持っていても、特に損をすることはありませんが、年会費が有料のクレジットカードなどを複数持っているという場合には、使うのでしたらいいのですが、使わないのに年会費が有料のものを複数持っていると、使わないのに年会費だけがとられてしまいますから、これはかなり損ですよね。そうならないためにも、今自分がどれだけのクレジットカードを持っているのか把握した上で、必要のないクレジットカードは解約した方がいいでしょう。クレジットカードの解約にあたっては、電話で解約が出来るケースと、書類と一緒にカードを同封して送り返すようなタイプの方法がありますので、どちらにするのかクレジットカード会社の指示に従いましょう。
年会費が必要になるクレジットカードの場合には、解約する時期によっては、もう1年分支払わなくてはいけないケースもありますので、解約の時期を十分注意しましょう。クレジットカードの解約を定期的に行って自分にとって必要なカードだけを手元に残しておくことが大切です。
またクレジットカードの年会費が無料のものだから、複数枚持っていてもいいと思っている人も多いのですが、実際には盗難にあった場合のリスクなどが高くなりますから、不要なカードをいくつも持っているのでしたら、クレジットカードの解約をして、少しでも万が一のリスクを減らしておいた方がいいと思いますので注意しましょう。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード