セキュリティーコード

クレジットカードのセキュリティーコードというのは、クレジットカードの番号とはまた別に管理されています。クレジットカードのセキュリティーコードはクレジットカード番号と別にカードの裏に記載されているのですが、3桁か4けたの番号で記載されていることが一般的です。セキュリティーコードというのは、クレジットカードの中に磁気情報としては入っていませんからカードリーダーに通しても、セキュリティーコードが贈られる心配がありません。クレジットカードの利用明細書や伝票などにも記載されません。
クレジットカードのセキュリティーコードというのは、カードを所有している人だけが知ることが出来る番号で、この番号をオンライン上で聞くことで、クレジットカード決済をする際などに、不正利用が出来ないようにするための防犯対策を兼ねて存在しています。
最近はクレジッとカードを利用してインターネット上でショッピングをするという人が多いと思いますが、インターネット上でのショッピングの際には不正利用されがちですから、それを防ぐためのセキュリティ対策としても、クレジットカードのセキュリティーコードというのは、大切なのです。クレジットカードのセキュリティーコードはカードごとに記載されている場所が若干違っていると思いますが、インターネット上な度で入力を求められる場合には下4けたないしは3桁などの入力が求められるケースが多いでしょう。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード