暗証番号

クレジットカードの暗証番号はクレジットカード1枚1枚に必要な番号ですが、この暗証番号を決める際に注意しなければいけないのが、他人に推測されやすいようなクレジットカード番号にしないということです。クレジットカードの暗証番号が他人に推測されやすい番号だった場合には、クレジットカードの不正利用をされる可能性もあるので注意しなければいけません。クレジットカードの暗証番号で、他人に推測されやすいという番号というのは、例えば誕生日であったり、家の電話番号の下4けたであったり、住所の番地、配偶者の誕生日などは、クレジットカードの暗証番号に設定してはいけません。クレジットカードの暗証番号は他人に推測されないような番号にしましょう。しかし自分でも忘れてしまうからといっても、クレジットカードの暗証番号をクレジットカードとおなじ場所に保管しておくようなことはしないようにしましょう。
クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった人も中にはいると思います。あまりクレジットカードを利用するにあたっては暗証番号を聞かれることはないと思いますが、クレジットカードで暗証番号が必要になるというようなケースの場合に、万が一忘れてしまった場合には、クレジットカード会社に連絡をして暗証番号を忘れたことを伝えれば、本人確認をするための質問などが行われ、登録している住所に暗証番号が送られてくるという仕組みになっているのでわかります。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード