クレジットカードの仕組み

クレジットカードを持つ人は仕組みを知ったうえで持っているでしょうか?クレジットカードというのは、よく考えてみるとすごいカードだと思いませんか?誰でも持ててクレジットカード会社が買い物やサービスを受ける際に立て替えてくれるという素晴らしいカードです。どういう仕組みで成り立っているのか、ここで紹介したいと思います。クレジットカードというのは、利用する人、クレジットカード会社、そしてクレジットカードの加盟店の三つから成立しています。クレジットカードを使うと、クレジットカード会社が、一括で加盟店に支払いをしてくれます。
クレジットカード会社は、使った人が決め手支払方法で、使った人の銀行口座などから、立て替えていたお金を引き落とすことになります。
クレジットカードの仕組みとして、まず商品やサービスを購入したり受けたりしますね。そしてクレジットカードで代金の支払いをするのですが、加盟店は、カードを使われたらクレジットカード会社に支払いを請求します。
その後クレジットカード会社が、加盟店にお金を支払います。そして利用明細書を利用した人におくり、そして代金は、利用した人の口座から引き落とすという仕組みになっています。クレジットカード会社によって締め日や引き落とし日というのは違っているのですが、15日締めで翌月払いといった場合や、30日に支払って15日締め日というような形で行われていますが、カード会社によってこれは違っています。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33080283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック