法人のクレジットカード

クレジットカードを言えば、個人で持つクレジットカードだけだと思っている人もいるかも知れませんが、法人のクレジットカードもあります。法人のクレジットカードというのは、会社で持つクレジットカードですが、会社にとってもメリットが大きいですし、個人にとってもメリットが大きいことでも知られています。なぜ会社にとっても個人にとってもメリットが大きいのか、その理由をこれから紹介していきたいと思います。
一般的な企業では、クレジットカードを持っていない場合には、社員が出張費や、営業の時にかかった費用などを領収書をもらっておいて、後で請求することになります。後で請求するということは、社員にとっては、お金の立て替えが必要になるので、現金を常に持ち合わせておかなくてはいけません。しかし法人のクレジットカードを持っていれば、クレジットカードで決算すればいいですから、現金で立て替える必要がありませんから、社員にとってお金の負担がなくなります。
会社にとっても、大量の領収書を整理して支払うということは、それに手間も時間も人件費もかかりますから、大変になってきますが、法人のクレジットカードなら、一括で支払うことになりますし、明細書を見れば、誰が何に使ったのか、一目瞭然ですから、把握しやすいので、とても便利です。法人のクレジットカードは社員にとってもメリットが高いですし、会社にとっても整理しやすくてメリットは大きいのです。
posted by クレジットカード本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33080031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック